迫さんのTwitterマーケティングマスター講座用スクリプトを無料配布

こんにちは、トミセン(@tomisenblog)です。

トミセン
迫さんのTwitter講座で学習して、「10のTwitter運用テンプレートシート」にTweetを作ったけど、どの順番に投稿していこうかなぁ…。縦に順番に並べられて、順番もランダムに入れ替えてくれるツールないなかなぁ…。
トミセン
そんなスクリプトを作りました!

 

迫さん(@yuki_99_s)の『Twitterマーケティングマスター講座』を受講している方の応援のために、テンプレート作成時に使えるスクリプトを作りました。

無料で提供いたしますので、ご自由にお使いください。

トミセン
こちらの講座用です。
トミセン
それでは、早速ご説明していきます。

 

スクリプト使用上の注意
このスクリプトを使用することによって生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

目次

スクリプトの内容

トミセン
このスクリプトで、こんなことができます。
  1. テンプレートシートのツイートを縦に並べる
  2. 順番をランダムに並べ替え

実行前

トミセン
実行前のテンプレートシートは、こんな感じです。

実行後

トミセン
実行後は「並べ替え後」シートができて、ツイートが縦に並びます。順番もランダムになります。

スクリプトの設定

トミセン
手順は以下の通りです。順番に説明します。
  • 設定①:スクリプトエディタを開く
  • 設定②:スクリプトをコピーする

設定①:スクリプトエディタを開く

トミセン
テンプレートシートを表示して、メニュー「ツール」→「スクリプト エディタ…」を選択します。

 

トミセン
「スクリプト エディタ」が表示されます。見た目はこんな感じです。

設定②:スクリプトをコピーする

トミセン
スクリプトをコピペして、保存ボタンを押します。コピーするスクリプトは次にあります。

 

スクリプトのコード

トミセン
すぐ下の「コピー」を押すと、コピーされます。
function myFunction() {

  // アクティブなスプレッドシート、シート、データを取得
  var ss = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
  var dataSheet = ss.getActiveSheet();
  var data = dataSheet.getDataRange();

  // 並べ替えシートを作成
  var sortSheetName = "並べ替え後";
  ss.insertSheet(sortSheetName);
  var sortSheet = ss.getSheetByName(sortSheetName);

  // 並べ替えシートの列幅を設定
  sortSheet.setColumnWidth(1, 150);
  sortSheet.setColumnWidth(2, 300);
  sortSheet.setColumnWidth(3, 600);

  // データシートから並べ替えシートにコピー
  copyData(data, dataSheet, sortSheet);

  // 並べ替えシートをソート
  sortSheet.getDataRange().sort({column: 4, ascending: true})

  // 並べ替えシートのソート列を削除
  sortSheet.deleteColumn(4);
}

// データシートから並べ替えシートにコピー
function copyData(range, dataSheet, sortSheet) {
  
  var sortSheetRow = 1;
  var head1Row = 1;

  // Rangeオブジェクトを左上から右下にチェックする
  for(var row = 1; row <= range.getNumRows(); row++) {
    for (var column = 1; column <= range.getNumColumns(); column++) {

      // 処理対象のセルを取得
      var cell = range.getCell(row, column);

      // セルの値が空白の場合は、処理をスキップ
      if(cell.isBlank()){       
        continue;
      }    
      // ヘッダー行(1行目)は、処理をスキップ
      if(row == 1){
        continue;
      }
      // A列は、処理をスキップ(項目名の入っている行を保持)
      if(column == 1){
        head1Row = row;
        continue;
      }
      // B列は、処理をスキップ
      if(column == 2){
        continue;
      }

      // データシートA列のコピー、並べ替えシートA列にペースト
      dataSheet.getRange(head1Row, 1).copyTo(sortSheet.getRange(sortSheetRow, 1));

      // データシートB列のコピー、並べ替えシートB列にペースト
      dataSheet.getRange(row, 2).copyTo(sortSheet.getRange(sortSheetRow, 2));

      // データ列のコピー、並べ替えシートC列にペースト
      dataSheet.getRange(row, column).copyTo(sortSheet.getRange(sortSheetRow, 3)); 

      // 並べ替えシートD列に並べ替え用の値をセット
      var random = Math.floor(Math.random()*300000 + 1);
      sortSheet.getRange(sortSheetRow, 4).setValue(random);

      sortSheetRow++;
    }
  }
}

スクリプトの使い方

トミセン
ここからは実際にスクリプトを使っていきます。手順は以下の通りです。
  • 使い方①:スクリプトを実行する
  • 使い方②:権限設定をする

使い方①:スクリプトを実行する

トミセン
スクリプトを実行していきます。「実行」ボタンを押してください。

使い方②:権限設定をする

権限設定①:権限を確認

トミセン
ここからは、ちょっと面倒なんですが手順通りやれば大丈夫です。「権限を確認」を押してください。

 

権限設定②:アカウントの選択

トミセン
ご自分のGoogleアカウントを選択してください。

 

権限設定③:詳細画面に移動

トミセン
「詳細」を押します。

 

権限設定④:許可画面に移動

トミセン
「無題のプロジェクト(安全ではないページ)に移動」を押します。

 

権限設定⑤:実行の許可

トミセン
「許可」を押します。

 

権限設定⑥:スクリプトの実行

トミセン
スクリプトが実行され「実行ログ」が表示されます。

 

トミセン
スプレッドシートに戻って、「並べ替え後」シートができていれば、OKです。

おしまい

迫さん(@yuki_99_s)の『Twitterマーケティングマスター講座』を受講している方の応援のために、テンプレート作成時に使えるスクリプトを作りました。

無料で提供いたしますので、ご自由にお使いください。

トミセン
こちらの講座用のものになります。

 

トミセン
最後まで読んでくれてありがとうございます。
お役に立てれば嬉しいです。
それでは、また。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる