【C#】if文の書き方

初心者プログラマのころは、なかなか綺麗なソースコードが書けないものです。
でも、そのコードにはある程度のパターンがあって、ちょっとしたポイントを意識すれば、見違えるような綺麗なソースコードになります。

そこで、よくあるコードを参考にしながら、綺麗なソースコードが簡単に書けるようになる方法を解説します。

【C#】初心者が綺麗なコードを書くコツ if文

よくあるコード

よく見るコードです。
if文が凄く長くなっていて1画面内に収まらずスクロールしないとelse部分が見えません。
ひどいものになると、複数のif文が同じような状態になっていたりします。

Copy
public bool IsXxxxx() { if (A == B) { // 処理 // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ここにたどりつくまでに処理がたくさんある。 // 下手をすると、何スクロールもする場合もある。 return true; } else { return false; } } // ひどいものになるとこんな感じです。 public bool IsXxxxx() { if (A == B) { // 処理 // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ここにたどりつくまでに処理がたくさんある。 // 下手をすると、何スクロールもする場合もある。 if (C == D) { // 処理 // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ここにたどりつくまでに処理がたくさんある。 // 下手をすると、何スクロールもする場合もある。 if (E == F) { // 処理 // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ここにたどりつくまでに処理がたくさんある。 // 下手をすると、何スクロールもする場合もある。 return true; } else { return false; } } else { return false; } } else { return false; } }

あるべきコード

if文の中に長いコードがあることも問題ですが、elseの部分だけを先に処理してしまえば、マウスホイールをくるくる回して、スクロールしながらelse部分を探す必要はありません。
先に処理できるなら、条件をひっくり返して先に処理するべきです。

Copy
public bool IsXxxxx() { bool result; if (A != B) { return false; } // 処理 // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ・ // ここにたどりつくまでに処理がたくさんある。 // 下手をすると、何スクロールもする場合もある。 return true; }  

まとめ

先に解決できる問題は先に処理するべきです。
そうすると、あとは残りの処理を意識すればいいだけになるので、頭の整理がつきやすいです。

関連記事

初心者プログラマのころは、なかなか綺麗なソースコードが書けないものです。 でも、そのコードにはある程度のパターンがあって、ちょっとしたポイントを意識すれば、見違えるような綺麗なソースコードになります。 綺麗な[…]

C# コツ 【C#】初心者が綺麗なコードを書くコツ Tips

\ 転職を本気で考えるなら /

  • 3つの有名スクールを現役エンジニアの視点で厳選!
  • あなたに合ったおすすめのスクールを紹介!

TECH CAMP エンジニア転職」…最短10週間で転職ができる年齢無制限のスクール!

TechAcademy Pro」…オンラインで全て完結のコスパ最強スクール!

DMM WEBCAMP」…給付金の対象講座もある実力派スクール!