【C# 拡張メソッド】 Listのnull・空チェック

メソッドの戻り値がListで結果によってnullだったり、空だったりする場合、
その判定のソースコードってけっこう長かったりします・・・・。

そこで、拡張メソッドを使って簡単解決する方法をご紹介します。

目次

【C# 拡張メソッド】 Listのnull・空チェック

拡張メソッド使わないソースコード例

public class Program
{
    public void Main()
    {
        var list = GetList(); // 取得失敗時にnullを返すようなメソッド
        
        if (list != null && list.Count > 0)
        {
            // 取得成功 or データありのときの処理を記述する
        }
    }
}

list != null && list.Count > 0の部分にlistが重複しています。
時々、list != nullか、list.Count > 0のどちらかしか書いてないコードも見かけたりして、漏れなのか、意図してなのかが分からない事も・・・・。

拡張メソッド

public static class IEnumerableExtension
{
    public static bool IsNullOrEmpty(this IEnumerable<T> collection)
    {
        return collection == null || collection.Count() == 0;
    }
}

他にも便利な拡張メソッドを知りたい方は「【C#】拡張メソッド まとめ」のページをどうぞ。

使い方

public class Program
{
    var list = GetList(); // 取得失敗時にnullを返すようなメソッド
 
    if (!list.IsNullOrEmpty())
    {
        // 取得成功 or データありのときの処理を記述する
    }
}

最後まで読んでくれてありがとうございます。
それでは、また。

こちらの記事も読まれています!


参考サイト

C#の拡張メソッドでnullチェック
Qiita:C#で「Listがnullでない,かつ空でない」を短く書く

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる